排卵誘発剤などを利用する不妊治療のアレコレ│妊活最前線情報

医者

多くの人が悩んでいる

医者

結婚をしてからどのくらいのタイミングで子供が欲しいというのは人それぞれ違うと思いますが、自分たちが子供がほしいと思うタイミングで、子供が出来ないといったことがあります。
子供が欲しくても出来ないという場合には「不妊」が考えられます。
一般的には子作りをしていて2年子供が出来ないことを指しています。一般的な夫婦というのは約80%が結婚してから避妊しないで性生活を行ない、1年以内に妊娠していると言われています。そして、2年間避妊をせずに性交渉を行なえば90%以上の人が妊娠できるようになると言われています。ただ、不妊で悩む夫婦というのは現在8組の1組という確率で妊娠できないカップルが増えています。これは非常に多い割合で不妊症になっている事を現しています。この不妊症は年々増加しているので不妊治療の知識を得ることが重要です。

不妊の原因というのは色々とあるため、夫婦どちらにも問題がある場合もあれば、女性だけ、男性だけに問題がある場合があります。
この時、大切なことには夫婦で一緒に不妊治療を行なうことが挙げられます。
不妊治療にはいろいろな方法があり、自然周期治療、排卵誘発剤、タイミング法、薬物療法、人工授精などから体質にあった方法を用いることが重要になります。
特に排卵誘発剤は費用があまりかからないため、不妊治療で用いられることが多いものです。病院で排卵誘発剤を処方してもらうと、保険が利くため一ヶ月分を約500円で購入できると言われています。注射薬も用いることができますが、内服薬より値段が高いので病院で値段を確認する必要があるでしょう。
妊娠できないと焦りがちになりますが子どもができた時に備えて、予算に合わせた治療を行なう事が大切です。