排卵誘発剤などを利用する不妊治療のアレコレ│妊活最前線情報

医者

特徴について

医者

病院へ行き、不妊症ということが分かればショックを受けると思います。しかし、不妊症は絶対に治らないという病気ではありません。しっかりと病院へ行き、治療を受けることで妊娠をすることが出来ます。

不妊治療の1つに「排卵誘発剤」を使用するといった治療方法があります。
この治療というのは、名前の通り、排卵を誘発するといった方法で行なわれます。排卵誘発剤と言うのは、元々は排卵がない人に使用されていました。しかし、排卵に問題がないといった人でも使用することが出来ることがわかりました。
排卵誘発剤を服用することによって、妊娠できる可能性が高くなります。不妊症で、原因が特定できないということであっても、排卵誘発剤を使用することによって排卵できる回数が増え、妊娠できる可能性が高くなります。
自然な排卵というのは周期に1つだけの排卵となります。しかし、排卵誘発剤を服用することで、周期に2〜4個の排卵をすることが可能です。
また、排卵日を調節することが可能となっていますので、性交渉のタイミングに合わせて排卵させることが出来ます。

ただ、排卵誘発剤というのは副作用も多少ありますので、副作用のことも考えた上で使用する必要があります。副作用の症状としては、頭痛、イライラ、ほてりなどです。ただ、症状は一時的なものですし、日常生活を贈れないというほどではありませんので安心してください。

病院で排卵誘発剤による治療を進めていく場合には、しっかりと医師の指導のもと試すようにしましょう。