排卵誘発剤などを利用する不妊治療のアレコレ│妊活最前線情報

医者

様々な方法

医者

避妊しないで性交渉を行なうと妊娠する確率が高くなりますが、人によっては避妊しないのに全く妊娠しない事があります。このような場合、多くの人が不妊症と診断される可能性が高いです。
不妊症と気づいたら、出来るだけ早い段階で病院へ行き、治療をしてもらうようにしましょう。不妊治療が送れてしまうと、妊娠する確率が下がってしまうことがあるからです。
この不妊治療は昔から行なわれていますが、以前に比べるとどんどんと医療技術は進歩してきていますので、妊娠できる可能性を上げることができます。そのため、不妊治療に抵抗がある、恐怖心があるという人でも安心して治療を受けることが可能でしょう。

不妊症になった女性の多くが行なう治療にはタイミング方が挙げられます。基礎体温を測ることで排卵日を把握し、その日を狙って性交渉を行なう方法です。薬剤などを使用せず、体質や体調を気にすること無く治療を行なえるため、不妊症治療の中でも初期に行なうことが多くあります。病院に行かなくても、毎日基礎体温を測ることで排卵日のタイミングを掴むことができますが、人によっては効果が出ない場合も少なくありません。より妊娠する確率を高めるためには排卵誘発剤などを用いて治療を行なうことが大切になります。また、別の薬物を使って治療する薬物療法もあるので、様々な治療法を試して妊娠できる身体を作りましょう。

卵巣に働きかける成分を使って排卵を誘発する薬物のことを排卵誘発剤と言われています。一般的に内服薬のイメージがありますが、内服薬の効果が薄ければ注射薬を用いて治療を行なうことができます。この治療法は不妊治療だけではなく、無月経や無排卵というような女性ホルモンが乱れた時に起こりやすい症状にも排卵誘発剤が使用されます。